海外特許申請出願は「パッケージ出願」が便利そう!

美麗です。現在は、国内で美容系のオリジナルサービス開発と代理店ビジネスを展開していますが、ゆくゆくは海外でもパテントビジネスを展開していきたいと考えています。

国内では、すでに商標を申請出願中で、特許申請も視野に入れているところです。でも、特許申請が受理されるされるまでに2年から2年半くらい掛かるみたいですね…。

もし、海外特許まで視野に入れていくとなると、日本で特許申請が受理されてその時点で約2年半経過、その後海外…アメリカや中国で同期間掛かったとなると、合計で5年以上掛かってしまう計算でしょうか?

まだ特許申請に関してはプロに相談できていないし、まったくの素人なのでネットで調べている程度ですが、「国際特許」という形で通称”PCT出願”と呼ばれるタイプは、上に書いた「日本で特許が受理されたら海外特許申請に向かうことができる」というステップになり、特許申請出願のプロジェクトが長期化することでコストも余計にかかってしまいそうですね…。何よりも特許受理までに5年前後も掛かってしまうのが痛い…。今年から海外特許申請にチャレンジするために日本の特許申請を始めたとしても、最終的に海外特許が受理される頃には、ワタシ30代半ばが見えてきちゃう 笑

いろいろ調べてみると、海外特許申請と日本の特許申請を同時に進行できる「パッケージ出願」というサービスもあるみたいですね。どうやら「国際特許=PCT」出願で、「海外特許申請」というのは、考え方や進め方が全く異なるみたいです。

「海外特許申請のパッケージ出願」は、そもそもの起点が日本ではなく、外国におくみたいです。つまりアメリカや中国で特許申請・出願をスタートさせて、必要があれば日本での特許申請も同時に行う、という進め方のようです。これなら、単純計算だけど、1/2や1/3の所要期間で特許の受理が行われる可能性がありますね!!

つまりその分、コストも安く済ませられる可能性があるということ。

…というわけで、近々将来にワクワクしながら「海外特許申請のパッケージ出願」を探してみました。…すると、PCT出願に比べて扱っている特許事務所が圧倒的に少ない…というかほとんどない…。

そんな中で、「Patent+」というサービスを見つけました!!

米・中・日の3か国の海外特許申請をパッケージ出願で150万円というリーズナブルな価格で提供しているみたいです♪…安くないって??…いや、価格を出しているところは少ないけど、PCT出願だと期間が長い分、総額でもっと掛かるみたいですよ!

それに海外でパテントビジネスをする投資に150万円なら安いもの!しかもいま、仮想通貨の利益がウフフだから、海外特許が2年ちょっとでサクッと受理されて、あこがれの海外パテントビジネスが出来るなら安いもの♪

海外特許申請出願を目標に「Patent+」の無料相談を利用してみます!